生産終了SplitFire プラチナX スパークプラグ

プラチナムXスパークプラグ

生産終了

メーカー希望小売価格(税別):¥1,900〜¥2,600(本)

「Vカット」が強力なスパークを放つ!パワーアップを実現するハイパフォーマンスプラグ、スプリットファイアシリーズ

パワーチップとは
プラグ断面図
熱価早見表
交換の目安
取付方法
ギャップの調整
チェックポイント
安全の為に
ご購入の前に
車種別適合

安定した燃焼サイクルを実現し、エンジンのパワーを最大限引き出します。

スプリットファイア・プラグは、電極部に「V」カットを施すことにより、強力なスパークを発生させる新しいタイプのプラグです。燃焼室内に吸入された燃料を強力なスパークで完全に燃焼させることにより、エンジンのパワーを最大限に発揮させます。また、排気ガスの低減や燃費の向上も実現します。

強力なスパークが完全燃焼を実現し、排気ガスを低減。

「V」カットの強力なスパークによる大きな火炎核で、燃焼室内に激しい渦と乱流が発生。これにより常に安定した効率のよい燃焼を得ることができ、排気ガスの低減や燃費の向上を実現します。
従来型プラグの電極はスパークする位置が不安定なため、混合気との適切な接触が得られにくく、不完全燃焼の大きな原因となっています。 V字型の電極により、スパークと混合気の接触を高めることを可能にしました。これにより火炎核はV字の間を通り、3方向に大きく発生するため、完全燃焼を実現します。

エンジン内部のコンディションを維持する、クリーニング効果。

燃料を完全に燃焼させることにより、カーボンを始めとする堆積物の発生を防止することができるため、エンジン内部をクリーンに保ちコンディションを維持します。

スプリットファイアパワーチップとは・・・

●高速でより低温に

高速時には急速で間欠的に吸収される冷たい空気に触れて伸びたパワーチップの温度が下げられます。これに加えてセラミックインシュレーターの高性能熱伝導性が過熱と予備発火の危険性を大きく減少させます。

●低速でより高温に

インシュレーターチップがより長いので熱の移動がより遅くなります。これはプリットファイアパワーチッププラグを低速時でも高温に保つので燃焼時の堆積物を燃やし、自動的に清浄する事になります。

●全ての速度域でよりきれいに

燃焼時に形成される事がある堆積物は燃焼行程の攪拌作用と吸収燃料の渦に曝されて柔らかくなりそぎ落とされます。
従来型チップ/パワーチップ
インシュレーターがシェルに覆われている インシュレーターと電極がシェルより下に伸びている

スプリットファイアプラグ断面図(構造)

★ターミナルナットは、品番により取り外しができるタイプがあります。
★上記構造はスタンダードタイプのものです。

熱価早見表

★スプリットファイアは、品番末尾のアルファベットが熱価を表します。A~Fまでの6種類の表示がありますが品番によっては、全ての熱価の設定がそろっていないものがあります。

    COLD(冷型) HOT(燃型)
No. プラグコード A(NGK 8~9) B(NGK 7~8) C(NGK 6~7) D(NGK 5~6) E(NGK 4~5) F(NGK 3~4)
1 SF10   SF10B   SF10D , SF10D6 SF10E6  
2 SF13 SF13A   SF13C      
3 SF14         SF14E  
4 SF21           SF21F
5 SF254           SF254F
6 SF259       SF259D    
7 SF25         SF25E  
8 SF263       SF263D    
9 SF265           SF265F
10 SF295           SF295F
11 SF29         SF29E  
12 SF2     SF2C SF2D , SF2D6 SF2E  
13 SF30     SF30C      
14 SF392 SF392A SF392B SF392C SF392D , SF392D6    
15 SF393     SF393C      
16 SF405 SF405A     SF405D   SF405F
17 SF406   SF406B SF406C      
18 SF409   SF409B SF409C      
19 SF40       SF40D    
20 SF412     SF412C      
21 SF413   SF413B        
22 SF415   SF415B        
23 SF416   SF416B SF416C SF416D    
24 SF419       SF419D    
25 SF426     SF426C   SF426E  
26 SF430   SF430B SF430C      
27 SF45           SF45F
28 SF4         SF4E  
29 SF512         SF512E  
30 SF514       SF514D    
31 SF516       SF516D    
32 SF522       SF522D    
33 SF524         SF524E  
34 SF550     SF550C      
35 SF552   SF552B SF552C , SF552C      
36 SF6 SF6A   SF6C SF6D SF6E SF6F6
37 SF8         SF8E , SF8E6  
38 SF98         SF98E  
39 SFMK            

★注意 当適合表は純正品番等の熱価設定で記載されています。チューニング車両及び常にエンジン負担のかかる走行をする場合、また季節による外気温の変化等使用条件が一定でありません。プラグを交換する場合、上記のことを考慮に入れてプラグを選定してください

交換の目安

80,000km ~ 100,000km 走行後

取り付け方法

<取り付けの前に必ずお読み下さい。>>

●正しいプラグの取り付け方

  1. 当社車種適合表、品番対照表にもとづきお車に適したプラグサイズを選定してください。
  2. 熱価設定は主要品番熱価早見表、熱価表を参考にして、お車の仕様にあった熱価を選定して下さい。
  3. 品番が決まりましたら、お車の取扱説明書(サービスマニュアル)に従って、火花ギャップを調整して下さい。
  4. ターミナルナットをペンチ、プライヤー等で最後まで締めつけて下さい。(車種によって使用しない場合がこざいます。)夕一ミナルナットが緩いままこ使用になりますとリークやミスファイアの原因になり、最悪の場合エンジンブローを招く結果につながりますのでこ注意ください。

JIS/ISO共用タイプ

下記の品番は、ターミナルナットがパッケージ内に2タイプ同梱されています。適合表にもとづきお車に合わせて、選定してください。
共用タイプ品番
TP392A、Tp392B、TP392C、TP392D
ISOタイプとJISタイプの比較表

  1. ガスケットワッシャーを取りつけて下さい。(品番によってはガスケットを使用しないものがあります。)
  2. 古いプラグを取り外し、新しいプラグを指でまわし、きつくなるまで締めつけます。プラグが指でまわらなくなったら、トルクレンチを使用し指定の締付トルクで取り付けを行って下さい。トルクレンチがない場合指定の締付回転角廣で締付けて下さい。

指定締付トルク

トルクレンチがない場合の指定締付回転角度

ネジ径 仕様 鋳造ヘッドエンジン アルミヘッドエンジン ネジ径 仕様 回転角度
10mmガスケットシート 1,0~1.4kgm 1.0~1.4kgm 10mmガスケットシート 指で締めた後1/4回転
12mmガスケットシート 1.4~2.3kgm 1.4~2.3kgm 12mmガスケットシート 指で締めた後3/8回転
14mmガスケットシート 3,4~3.9kgm 2.0~3,0kgm 14mm及18mm
ガスケットシート
指で締めた後1/2回転
14mmテーパードシート 0.9~2.0kgm 0.9~2.0kgm 14mm及18mm
テーパードシート
指で締めた後1/16回転
18mmガスケットシート 4.2~5.2kgm 3.8~4.4kgm 締め付け回転表
18mmテーパードシート 20.~2.6kgm 2.0~2.6kgm
※10mmガスケットシートのスパークプラグは特に締め付けトルクを守って取り付けを行ってください。

  1. プラグ取り付け後、プラグコードキャップ(ダイレクトコイル車の場合、コイル)をプラグ先端端子にしっかりはめこみ、プラグとの間に水等が入らない様にして下さい。
  2. 全ての作業が終了したらエンジンを始動させ、ミスファイアがないかチェックをします。
    ※装着後も、プラグチェックポイントに墓づき定期的に点検する事をおすすめします。

ギャップの調整方法

  1. 各車両のサービスマニュアルに指定されているギャップの厚さと同じワイヤーのフィーラーゲージを使って下さい。二つの電極の間のギャップえを通してゲージを引っ張ります。ギャップが正しければその間をスムーズに通ります。
  2. ギャップが問違っている場合スパークプラグツールのベンディングバーを電極の側面にあて金属部をゆっくり曲げてギャップをせばめたり広げたりします。その後フィーラーゲージを使ってギャップを調べます。
  3. 電極の側面を調整するには、中心のV字型をゆっくりと電極の上で左右にひねって、図の様に正しい位置に戻します。セット分の各プラグにこれらの手順を問違いなく行って下さい。

プラグチェックポイント

A.プラグの点検方法

  1. アイドリングするだけでなく、少し回転を上げ気味に走行した後エンジンが冷えてからプラグを外して下さい。すぐに取り外し作業を行うと、やけどをする危険があります。
  2. プラグを取り外し、電極中心部の白い磁気質部(絶縁体)の色をチェックします。
    白くなっている→焼け過ぎです。冷え型プラグヘの交換をお勧めします。そのまま使用になって、ブツブツがついてきたら必ず交換して下さい。
    薄 い 茶色 →理想的な焼け方をしています。
    黒くなっている→冷え過ぎです。自己清浄温度まで温度が上がらず、力一ボンが堆積してしまい失火、カブリの原因になります。焼け型プラグヘの交換をお勧めします。

B.ギャップについて

必ずお車の指定ギャップに調整して下さい。間違ったギャップのまま使用すると、失火、デトネーションの原因になります。

  • ・ギャップ幅を指定数値より狭くすると…

    電極間の距離は短くなり、火花は飛びやすくなるが、火炎核が大きくなる前に接地電極に達する為、着火しにくい。さらに、プラグ自体の消炎作用(電極部が熱を吸収して火炎核を消す作用)が大きくなるので失火しやすくなります。

  • ・ギャップ幅を指定数値より広くすると…

    電極間の距離は長くなり、火炎核が成長しやすいが、それだけ要求電圧も大きくなり、点火コイルの性能が不足し火花が飛ばせなくなることがあります。

安全の為に

  • プラグは必ず、指定トルクで締め付けて下さい。お車に適切な熱価の選定を行って下さい。
  • ギャップは、お車によって異なります。お車の取扱説明書にあるギャップ幅に調整して下さい。
  • ターミナルナットを取り付ける場合は、最後までしっかり回し取付けて下さい。プラグ交換後、プラグコ一ドのブーツ部分は、しっかりと奥まではめて下さい。
  • プラグ外側電極部分を適切な位置にセットして下さい。プラグ交換はエンジンを止めた状態で行って下さい。

ご購入の前に

以下の場合のトラブルにおいては一切の保証をいたしかねますので、予めご了承下さい。

  • 夕一ポ車でブースト圧を上げているお車
  • レース車両及びレースで使用しているお車
  • リミッターカットしているお車
  • コンピュータを取り換えているお車
  • ボアアップ及び、ピストン加工をしているお車
  • 熱価の選定が適切でない場合
  • 当社適合表で指定した使用方法以外で使用した場合
  • お車の仕様に適したギャップ調整を行っていない場合
  • 指定締め付けトルク以上のカを加えて取付をした場合
  • 並行輸入品の場合(正規輸入品である事の証明のためプラグのパッケージを大切に保管して下さい。パッケージが無い場合、保証をお断りすることがこざいます。)